耕運機のエンジンについて

耕運機を使用することで、農作業における力作業となる土おこしを簡単に行うことが出来るのです。


 耕運機は、一般的にエンジンを載せたフレームに耕耘のためのロータリーが直結した形になっています。耕運機を使用することで、農作業における力作業となる土おこしを簡単に行うことが出来るのです。耕運機の爪は、エンジンがかかっている間、高速で回転を行っています。エンジンが動いている間は、絶対に足や手を耕運機の爪に値被けてはいけません。重大な事故につながる危険性があります。エンジンに異常を感じた場合や、耕運機の爪に異常を感じた場合は、必ずエンジンを切手から確認を行います。
 耕運機の燃料はディーゼルエンジンや混合ガソリンが使用されます。混合エンジンを使用する場合は、その比率を間違わないように注意しましょう。耕運機の燃料は必ず専用の保管容器で保管を行います。燃料を入れるときは、屋外で行うことも大切です。くわえタバコをしながら、花火など火の気があるものの近くでなど、絶対に行ってはなりません。
 また、健康状態も良好なときに作業を行います。極端に疲れているときや、飲酒をしたままなど絶対に行ってはなりません。小型の耕運機であってもエンジンを掛ければ威力がありますので、十分注意して運転を行いましょう。