耕運機のメンテナンス

耕運機を使用して、作業が終わったら次に使うために点検を行ったり、清掃、手入れを行います。


 耕運機を使用して、作業が終わったら次に使うために点検を行ったり、清掃、手入れを行います。耕運機を使い終わった後、一手間掛けることで、次もよい状態で使用することが出来ますし、長持ちさせることが出来るのです。
 耕運機を使い終えた後は、エンジンやマフラー部分がとても暑くなっています、。素手などで触らないようにしましょう。厚くなった耕運機の上に物を乗せることも絶対にしてはいけません。
 耕運機のエンジンオイルは自動車のエンジンオイルと同様、とても重要です。エンジンオイルが古ければ耕運機のエンジンがかからない事態を引き起こしてしまいます。エンジンオイルは、エンジンの冷却を助ける働き、オーバーヒートを防ぐ働きなど、耕運機を作動させるために必要不可欠なのです。エンジンオイルは、エンジンによって、その種類はいろいろ異なります。自分の耕運機に合ったエンジンオイルを使用しましょう。間違ったエンジンオイルを使用すれば事故の元です。
 耕運機を購入した販売店や農機具を扱っている会社などでは、耕運機のメンテナンスを行っています。早めにメンテナンスを行ウことで、いざ作業を行いたいときに故障していて使うことが出来ないなどのトラブルから開放されます。