耕運機のお手入れ

長時間使用しないことが分かっているのであれば、燃料は抜いておきます。


 耕運機の使用後は清掃、手入れを行うことで、次に使うときも心配なく使うことが出来ます。では、清掃、手入れ方法を見ていきます。
◎耕運機の毎回のお手入れ
・耕運機本体の汚れを落とします。・・・耕運機は土を耕す機械ですので、たくさんの汚れが付きます。毎回作業が終了後に、そのときの作業で付いた汚れを落とすことで、次もきれいに使用することが出来るのです。
・掃除をします。・・・耕運機の爪に植物の根っこや葉っぱが刺さっていることもありますので、丁寧に取り除きます。
・ボルトの緩みを確認します。・・・ボルトが振るんで入ると、耕運機の性能が悪くなり明日し、事故に結びつくこともあります。よく確認します。
・燃料の確認をします。・・・燃料がどのくらい残っているのかを確認します。また、すぐに使う必要があるのならば、燃料はそのままにしておけばよいでしょう。

 長時間使用しないことが分かっているのであれば、燃料は抜いておきます。各部に注油をしておき、錆び付きを防ぎます。また、久しぶりに耕運機を使用するときには、アイドリング運転を5分くらい行ってから作業を開始します。そうすることで、性能も機能も長持ちするでしょう。