家庭用耕運機について

家庭菜園などで使う場合は、狭い土地を耕しますので、田舎で使われているような本格的なものですと、大きすぎます。


 田舎などで、見かけることができる田んぼや畑を耕している耕運機は農作業用の本格的なものです。家庭で使う場合は、適していません。家庭菜園などで使う場合は、狭い土地を耕しますので、田舎で使われているような本格的なものですと、大きすぎます。
 家庭用の耕運機は、自分の趣味の範囲で行っているような程度の畑を耕すためのものですから、家庭農園の耕運機作業をしていくのに適している最低限の能力しか備えていません。ですから大きさも5キロほどで、価格も2万円から3万円ほどが主流になっています。掃除機の大きい晩といった程度でしょう。本格的な耕運機は乗って動かしますが、家庭用の耕運機は押すタイプのものです。もちろん耕運機を動かすのに免許は必要ありません。
 ただし、家庭用のこう浮きですので、本格的な田んぼや畑を耕すことには適していません。耕運機の大きさがコンパクトであることから、狭い土地を耕すことに適しています。
 近年はやっている家庭菜園やガーデニング、ちょっとした畑を耕すことなど、簡単な耕運作業をするには家庭用耕運機は大活躍でしょう。また、子供に、農業体験をさせる体験をする場合にも、家庭耕運機は大活躍間違いないでしょう。