畝たてのポイント

耕運機を使ってきれいな畝たてを作りポイントを見ていきます。


 耕運機を使ってきれいな畝たてを作りポイントを見ていきます。
@耕うん、整地作業を行う・・・畝たてをする前には、きちんと耕うん作業を行っておきます。きちんと耕せていない部分や、深さがまちまちだと、耕運機がスムーズに進むことが出来ず、きれいな埋め立てを作ることが出来ません。ベース作りはとても重要です。
A作物に応じた畝幅を確認する・・・作る作物によって成長は異なりますので、畝幅も違ってきます。自分の作る作物の畝幅を確認し、あらかじめ配置を決めることが大切です。そのためには畝方向にロープをはり、その上を歩き足跡をつけます。足跡の上を沿って、耕運機で作業を行っていけば真っ直ぐした、きれいな畝を作ることが出来ます。
B耕運機を往復させて1つの畝をつくる・・・きれいな畝たてを作るためには耕運機を往復させるときの間隔が大切になります。耕運機を往復させることで1つの畝が出来るからです。間隔が狭すぎるととがった形の畝になりますし、反対に間隔が広すぎると中央部分に土が盛らないため、土が足らない畝になってしまいます。きれいな畝を作るためには、耕運機を往復させるときの間隔がとても重要なポイントとなります。