中耕作業・培土のポイント

耕運機を使って中耕作業・培土をする際のポイントを見ていきます。


 耕運機を使って中耕作業・培土をする際のポイントを見ていきます。中耕作業を行う目的は畝たて間の除草です。中興作業は、作物が育っていく途中で、株の周りの土を反転させることで、土地の中に空気を混ぜたり、肥料を混ぜたりすることが出来ます。中耕作業を行うことによって、土壌の通気性を高め、排水性の改善なども行うことが出来ます。作物の成長を活性化させるためにも大切な耕運機での作業となっています。
@あらかじめ除草しておく・・・丈の長い草が生えている場合は、あらかじめ手で抜いておきます。丈の長い草が耕運機に絡まり、作業ペースを乱すことになるので、除草をしておきます。
A畝たての間を軽く耕す・・・作物が生長し手着ていますので、その根や葉を傷つけないように耕運機で浅く耕していきます。畝たてから次の畝たてへと移動する際には、エンジンの回転を下げ、畝や作物を傷つけないように注意します。
 中耕作業とともに培土ができる耕運機もあります。その場合は、作業に適した付属のアタッチメントを取り付けます。機械を組み合わせて使用を行うことで、より快適に作業を行うことが出来ます。